書評|「子育ては心理学でラクになる」DaiGo~ウィルパワーで自分も子どももハッピーに~

2019 5/17
書評|「子育ては心理学でラクになる」DaiGo~ウィルパワーで自分も子どももハッピーに~

「子育ては心理学でラクになる」

と言われて、あなたはどう感じますか?

私は最初、「ほんまかいな」と胡散臭く感じていました。

ただTVなどで人気のDaiGoさんの本ということで興味がわき読んでみました。

今回はDaiGoさんの「子育ては心理学でラクになる 1日3分!子どものやる気・将来育成術」の概要と、理系妻まゆみ(@rikeifufu_tsuma)の心に響いた部分を紹介します。

紹介する本はこちら

子育ては心理学でラクになる 1日3分!子どものやる気・将来育成術/DaiGo

目次

子育ては心理学でラクになる!?

子育ては心理学でラクになる?

「子育ては心理学でラクになる」と聞くと、心理学を習得して子どもを言葉巧みに誘導していくイメージが出てきます。

が、本で紹介している内容は、子どもを親の思い通りに誘導するものではありません

子どもが意思を持って、自分の力で道を切り開いていくための力をつけていく方法、親がイライラせずに子どもに接する方法が紹介されています。

心理学というよりも、心の持ちようと言ったほうがいいかも。

本では、

まず親がウィルパワーをつけて行動する

自己コントロール力がついてイライラが減る

目標に向かって突き進められる

子どもに伝染する

子どもにウィルパワーが付く

自ら目標をたて、突き進んでいく子になる

と、親が行動(意識)を変えることで、それが子どもに感染して、子どもの意識や習慣が変わっていくことが説明されています。

確かに、読書好きの親の子も読書するって聞きますし、そうなのかも。

子どもが宿題をしない、言うこと聞かないなどの悪習慣を改善したいなら、命令でも説教でもなく、環境を変えることが大事

家族の中に意志力を強く持ち、何かをやり通そうと日々挑戦している人がいれば、子どもに感染し、子どもの習慣が変わってくるのです。

意志力 ⇒ やらなければならないことをきちんとやる力

んじゃ、ウィルパワーって何?

ウィルパワーを身につけると人生が良くなる!?

ウィルパワーを身につけると人生が良くなる

ウィルパワー
サボろうとする欲求を抑えて、誘惑に屈しない自己コントロール力と目標に向かう集中力を高めて目標達成のために必要な力。「やる力」「やらない力」「望む力」の3つ

ウィルパワーは鍛えられます!

つまり、誰でもウィルパワーを身につけ、環境・習慣を変えることができ、そして子育てでイライラしなくなるのです。

凄いぞウィルパワー!

ウィルパワーの鍛え方はいろいろありますが、

  • 利き手と反対の手でスマホをいじってみる
  • 「あれ」「それ」という指示代名詞をやめ、固有名詞を使う
  • 3分間の瞑想

など、簡単にできそうなトレーニングです。

ウィルパワーが身につくとどうなるか?

  • やらなければいけないことを、きちんとやるようになる
  • やってはいけないことを、やらないようになる
  • 目標をたて、計画的に行動できるようになる

その結果、子育てでイライラしなくなり、さらに自分の目標が達成され、人生うまくいきます。

意志を強く持つこと自分を節制していくことが大切なのかな、と感じました。
そういう意識を持つだけで、人生が良くなるならやる価値ありですよね。
お金もかからないし。

子どもの将来のために

こどもの将来のために

本に載っていた、子どもの将来のために親がする行動で、印象に残った部分を紹介します。

①いずれ来るであろう反抗期に備え、普段から親と子のコミュニケーションをとっておくのが大切。

まさにその通りですが、注意すべきは、親はあえて話さず、子どもの話をよく聞くこと
簡単そうに思えるけど、注意していないとできないことですよね。
つい口出ししちゃいそう・・・

②子どもの可能性を広げるためには、できるだけ多くのことを提示し、興味があるものに応えてあげることも大切。

この「興味を伸ばす」考え方は、私の昔からの理念と一致しています。
子どもが興味を持ったものについては、習い事などできるだけさせてあげるつもりです。

③子どもに選択させることが大切。
親が勝手に選択してはダメ。

例えば、子どもが理科が好きだからといって「理科が好きなら将来は医者になれ」と決めつけ、押し付けるのはNG。
子ども自身に将来を選択させ、親はプレッシャーにならないよう期待することが大事です。

子どもは自分の力で変わることができる
親は見守ること


今回紹介した本「子育ては心理学でラクになる」は、子どもが小学生になった時、中学生になった時、と、節目節目で読み返したい本でした。

子どもの可能性を押しつぶさずに、自分自身で羽ばたいていけるよう、この本を読んで親としての行動を見直していきたいです。

んじゃ、また~

この記事で紹介した本

子育ては心理学でラクになる 1日3分!子どものやる気・将来育成術/DaiGo

関連記事

応援よろしくお願いします☆

この記事を書いた人

理系夫婦の妻のほうです。
大学、大学院(修士)で物理を専攻。
2016年に長女を出産。
フルタイム勤務ワーママ→休職中。
「CrowdWorks(クラウドワークス)」でお仕事受け付けております!
(ツール開発、記事執筆など)
「まゆみ1101」というユーザー名です!

コメント

コメントする

目次
閉じる