理系パパによる高効率なビーフシチュー作り

2019 5/12
理系パパによる高効率なビーフシチュー作り

こんにちは、おはようございます、こんばんは、理系夫婦の夫たんたん(@rikeifufu_otto)です!

今日は育児仲間の全4家族でパーティー!

夕食を、持ち寄って、ガヤガヤ、ワイワイ、食べ食べすることに。

うちはビーフシチューを作って持って行こうということになりました。

せっかくなので、料理関連の記事にしようかと思いました。

しかも、料理ができる頃には片付けがほぼ終わっていて、かつブログも1記事書けるくらいに高効率に作れました

たんたん たんたん

パパが張り切ってビーフシチューを作るぞ!

まほちゃん まほちゃん

よっしゃ〜!張り切って邪魔するぞ〜!

目次

理系パパの料理指針

私もよく料理をします。

その時に心がけていることは、次のようなことです。


  • 味は可能ならプロに任せる
  • 片付けを同時行うことで食べた後の片付けを楽にする
  • 家族にも優しい味、大きさ、硬さにする
  • 質より量!

どれも皆さんが心がけていることかもしれないですね。

今日も味はプロ「S&B 濃いシチュー ビーフ」にお任せします!

ちなみに書きでは青線で手順を、オレンジ線でコツを書いていきます。

ビーフシチュー

材料とした準備

まずは材料

材料
  • S&B 濃いシチュー ビーフ (0.5箱)
  • にんじん (1本)
  • じゃがいも (2つ)
  • 牛肉 (400g)
  • 玉ねぎ (1つ)

にんじんとじゃがいもは、まっすぐのものを選んでいます。

というのは、味はもちろん変わらないと思いますが、ピーラーによる皮のむき易さが全然違うからです。

肉もカットされているものがあったので、値段も同じだったしそれを買いました。肉を切るのは大変ですからね。

まず下準備として、玉ねぎを写真のように切りました。うちではまゆみ様が玉ねぎのからさが苦手なので、ちょっとだけ細かく切っています。

次ににんじんとじゃがいももそれぞれ切って、じゃがいもは水に浸けておきます

じゃがいもは煮込む時にちょっと煮崩れることを考慮して、気持ち大きめにカット

画像
画像

にんじんはすぐに使うので、水には浸けないですが、じゃがいもは結構時間が経ってから使うので、酸化して黒くならないようにするために水に浸けておきます。

玉ねぎ、牛肉、にんじんを炒め合わせる

初めに玉ねぎを炒めます

画像

玉ねぎの甘みを出すためにうちでは最初によく炒めるようにしています。

この炒め時間には色々できます。朝食で使った食器を洗ったり、まな板、包丁を洗ったりできます。

玉ねぎが飴色になったところで、次ににんじんと牛肉も入れて炒めます

画像

これを10分くらい炒めました

この炒め時間もかなり使えます。じゃがいも、にんじんの生ゴミの片付けなどを行いました。

炒めている時に、ちょっと肉が大きく感じたのでキッチンバサミで適当に小さく切りました。キッチンバサミは超便利!

画像
こんな風に菜箸、キッチンバサミの置き場を自作してます!

途中でこんな可愛い邪魔が入ることもありますが、

画像

適当にあしらいます。

画像

煮込み

いい感じに炒めあがったら、水650mlを入れて煮込みます。

画像

写真のようにアクも最初は出ますので、適当に取ります

アクをとって20分くらい煮込みますと、さらに美味しそうな匂いが漂ってきます。

20分も煮込むので、なんでもできます。

娘と戦いながら、ブログまでかけます

画像

じゃがいもを入れてさらに10分煮込みます。

10分でできることは、じゃがいもを入れていたボールを洗ったり、娘と戦ったり、使い方は無限大。

画像

いい感じに煮込まれてきたら、火を止めてC&B 濃いシチュー ビーフのルーを入れて、溶かしていきます。

あとはもう5分だけ煮込んだら完成!

完成!!!

画像

味はC&Bが保証してくれているので、どこの育児仲間に出しても恥ずかしくない。

一回冷まして、もう一回あたためて食べるとさらに美味しい!(巷の噂では、冷める時に味が染み込むそうです。)

しかも、超簡単なので、シチューが完成する頃には、片付けも終わり、ブログも1記事書けました

みなさんも「S&B 濃いシチュー ビーフ」をお試しあれ!!!

ビーフシチュー

関連記事

応援よろしくお願いします☆

コメント

コメントする

目次