【簡単に自作】カレンダーとシールで数字を楽しく学ぶ!

2019 4/16
【簡単に自作】カレンダーとシールで数字を楽しく学ぶ!

2歳7ヶ月のまほちゃんが楽しく数字を学べるように、カレンダーとシールを使った遊びを考えました。

まんまとはまって、ここ数日毎日遊んでいるのでおススメです!


目次

背景

2歳前後から数字に興味を持ち始めたまこちゃん。

最近は10まで数えられるようになり、さらに10以上の数字も読もうとチャレンジしています。

また、部屋に飾ってあるカレンダーを指差すようになり、「今日はどこ?」「明日は?」と頻繁に聞いてきます。

数字への興味がハンパない!!

そんなときに、ふと目に入ったのが使っていないカレンダー。

これを使って、まほちゃんの数字欲を満たせないか、、、そう考えるようになりました。


カレンダーとシールで簡単数字盤

用意するもの

  • 使っていないカレンダー(うちはヤクルトから貰ったカレンダーを使用)
  • シール(100円ショップ等で売っている、丸い形がたくさん入ったの)

これだけ。

作り方

  • 丸いシールに1~31までの数字を書き込む

これだけ。

丸いシールに数字を書いた写真

写真では数字の順番をバラバラにしてますが、慣れるまでは順番どおり書いた方が子どものストレスなく遊べます。

遊び方

子どもにカレンダーとシールを渡して、同じ日付のマスにシールを貼っていってもらうだけ!

カレンダーに数字シールを貼る子どもの写真

こんな感じで、まほちゃんはどんどんシールを貼っていきました。

シールを貼る際は、「これは『にじゅういち』だね」などと、数字を読み上げてあげると、より効果的に数字を覚えられると思います。


簡単数字盤で遊ぶメリット

  • 1から31までの数字を覚えられる
  • シールとカレンダーから同じ数字を探すことで、識別能力や観察力が身につく
  • カレンダーを覚えることで、日、週、月の概念を覚えられる
  • シールを「剥がす」「貼る」動作で指先が鍛えられる
  • 集中力がつく

ざっと考えただけで、これだけのメリットがあります。

ただ単に数字が見せて覚えさせるのではなく、このようなおまけの効果までついた遊びで学ばせたほうが、親も子も楽しいですね♪


まとめ

カレンダーとシールを使った、簡単に自作できる数字盤の遊びを紹介しました。

ぜひ、お子さんと試してみて、楽しく数字を学ばせてみてください!

んじゃ、また~


関連記事

応援よろしくお願いします☆

この記事を書いた人

理系夫婦の妻のほうです。
大学、大学院(修士)で物理を専攻。
2016年に長女を出産。
フルタイム勤務ワーママ→休職中。
「CrowdWorks(クラウドワークス)」でお仕事受け付けております!
(ツール開発、記事執筆など)
「まゆみ1101」というユーザー名です!

コメント

コメントする

目次
閉じる